2015年02月05日

冬コミ新譜感想(発熱巫女~ず、Tokyo Audio Waffle)

ようやく新譜が届きまして、それなりに聴いております!

そのなかでも、特にリピートな作品を取り上げたいと思います。

まず一つ目は・・・

Origin of Love / 発熱巫女~ず

良し悪しは別に、注目は一曲目の「 Guardian 」
聞いた瞬間に、あれ???どっかで・・・なんだっけ?という感覚が。

副題にちゃんと答えがありました。
「─Theme of TCIS─」 アメリカのドラマ、「NCIS」のエンディングソングです。

Toho Criminal Investigative Serviceってことは、東方犯罪捜査班・・・東方警察??


それはさておき、特筆すべきは、表題曲「Origin of Love」」
発熱ボーカリストのなかで、Chen-Uさんは好きってことなかったですけど、
この曲は本当に素晴らしかった。

「Origin of Love」は、Guardianで上がったテンションをそのままにアッパーなノリが心地いい!
ここ数作の発熱の曲の中では群を抜いた傑作。


舞花さんが歌う「Two of us」もよかったは良かったけど、
歌にやや平坦さがあって棒っぽく聞こえるところも。
ただ、中盤あたりのメロディラインはきれいだし、さすが聴きどころを作ってくれるなぁと感心。


お次は、
Bitter Sweet Shopping / Tokyo Audio Waffle

おなじみというべきか、ヴィレヴァンにも旧譜のあるTAWさんです。

「Cinnamon roll」・・・少し聞いてオシャレだな、かわいいなって思ったら買ってほしい1曲目。

「Creme de menthe feat.megsis」・・・曲も良いけど、歌詞を楽しみたい2曲目。

「Earl Grey」・・・ベース音が好みで、収録曲の中でも1、2を争う6局目。

「Profiterole feat.砂糖子」・・・
声が可愛すぎると思っても、これじゃなきゃダメになるくらい癖になるボーカル曲。

全体として、新乃ユキヒデさんの曲が、その都度、良い締めをしてくれる。
前述の「Earl Grey」、ほかに「Apfelstrudel」、最後8曲目の「Chocolate brownie」
どれも今作に欠けることのできない大事な曲。
特別これらを聴け!ということはないけど、これらがないとアルバムとしての価値、
ほかの曲の良さが減ってしまう気がする。
もちろん単体としても、どれも素晴らしいが相乗効果が薄まってしまう。


という感じです。
posted by koyu at 00:36| Comment(0) | 鑑賞(同人) | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

2015年、一回目の雑記

ということで久々でございます。

2014年を総括?しておきました。
昨年は即売会にも参加できましたが、今年はもう少し精力的になりたいですし、
同志というものにも実際に会ってみたいと思いますが、それは機会あれば。


ようやくコミケの新譜が届きまして、これからじっくり聴こうかというところです。


同人音楽リスナー座談会 』というものが開催されます。


“C87も終わって、春M3まで時間が空くこの時期に、
折角だからリスナー同士で集まってなんか色々と話せたらいいんじゃね?
C87新作の感想とか、聴いている環境とか、
サークルへの意見・要望とか(コレが本題)、
そういうのを出せたらいいなーって感じの座談会です。

↑建前
↓本音

ぶっちゃけ、C87のサークルの告知が、
遅かったり内容が抜け抜けだったりして余りに酷いと感じ、
物凄く頭にキたのです・・・。
これは他のリスナーも交えて、
リスナーが何を考え、どこを見て、どう歩いているのかを、
サークル側に知って貰えたらもうちょっとマシになるんじゃないかと。(願望
なので、できれば色んなリスナーに参加して頂きたい!!”

という趣旨です。
同人界隈では珍しく、作り手ではなくリスナーのための集まりのようです。
そのため、もちろんサークルの方の参加も可能ですが、かなりキツイようなことも・・・

日程は2/28(土)
都内の山の手線沿線の会議室ということのようです。
詳細や参加表明は、マブさんの記事をご覧になってください。


本音部分ではなく建前部分のつもりで、同志さがしにも良いと思います。
自分も行けるなら行きたいけどー

正直、自分も本音部分は共感できるので愚痴じゃないけど、共有したい思いです。

後日、座談会の模様がアップされるようなので不参加だけど気になる方は確認してください。



またこれとは別に、『 同人音楽「に」出会え系カフェ 』も開催してくださるようです。

マブさん所有のCDや同人音楽に関する本を、自由に聴いたり読んだりできるそうです。
こちらのほうが同志さがしっぽい傾向ですかね。

カフェといっても飲食物の提供はなく、参加者が自由に持ち寄って、飲食物や同人音楽作品を楽しむ形。
参加費等はないようですが、設営・撤収の手伝いやカンパを募るようです。

日時と場所は・・・

4/4(土)12:00~18:00
秋葉原レンタルカフェ「Seventh Heaven」様にて

詳細はマブさんのブログで確認してください。


4日いけるかな・・・かなり厳しい。



ほか特に書くこともないのですが、冬アニメどうなんですかね。

白箱、アルドノア、DD3期、艦これ、冴えカノ、君嘘・・・


これくらいですかね~
白箱は相変わらず面白いですし、DDも期待通り、アルドノアは見続けたいです。

艦これは、どうなんしょ。
冴えカノは、頑張れば見れるけど、飽きそう。
君嘘は単行本を待ちながらアニメでも見る。


と、ここらへんで、それでは~
posted by koyu at 22:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年の感想

あけましておめでとうございます。
本年もできる範囲で同人音楽を楽しみたいと思います。

とりあえず昨年について。

2013年末のC85~M3秋2014までの同人音楽の個人的総括。
お気に入りや印象に残った作品を紹介!

注意:
登場順は順位ではないです。適当な並びでございます。
リピート率、頭から離れない、なんちゅう作品や!などの観点から選びました。
ですので、質の優劣ではないです。


オリジナルアルバム (作品名/サークル名)

ワゴコロ / In The Room
和ものが流行ってた気がする2014年。
そのなかでも出来栄えがずば抜けていたと思う。

fragile garden / 翳り空  / Primary
シングルだけど、だからこそだけど、何週しただろうかと問いたいほど聴きまくった曲。
つらいとき、どれだけこの2曲に救われただろうか。
春のM3にでもPrimaryのスペースに行って直接お礼を言いたい。

SUPERNOVA / twinkle*twinkle
なちさんの良さがギュッと詰まったマキシ。
これを聞けば誰もがファンになる一作。


ALPHA / 夕焼けコンテナ。
コンピでしか聞けていなかった村瀬さんのソロ作。
期待通りのメロディセンスに嫉妬するまでもないくらい感服。
表題曲は必聴!


Honey Cheeks -Girlish House compilation album- / RURIIRO GINGA × Lick Dom Records

colored:X / HOUSE-X


AD:HOUSE 3 / Diverse System


2014年といえば、ハウスミュージックだったと個人的に思っています。
上記三作は、それぞれ質の高い音楽を提示してくれた良作です。
ぜひとも絶版前に手に入れてほしい。


オリジナル曲
( 曲名 / ボーカルまたはサークル 【収録作】 制作サークル )

in the Garden / yuiko 【 From GardeN 】 Primary
yuiko×Meis Clausonってやっぱり最高なんだな~

SHINING WAVE / 仲村芽衣子 【 SHINING WAVE 】 Adresse
2014年の芽衣子さんは、この曲を聞けばオーケー!!ってくらい素晴らしいです。
のびやかで力強い歌声が、耳を支配するという感覚。
表題曲に外れなし!と何度言えば、、、


アレンジアルバム

Rebirth StoryⅡ / FELT
「Black」と「White」という二枚組で構成されたベストアルバム。
書き下ろされた曲も今すぐ聞くべき曲。

>>>> / ZYTOKINE
全曲すきだったのは久々かもしれないっていうほど気に入ったアルバム。


アレンジ曲

DEATHANDREBIRTH / nachi 【 MOTHER NATURE 】 ZYOTOKINE
nachiさんで個別に推すなら、この曲!
アッパーな曲だけど歌詞や歌声からは、また別なもっと重いものを感じる。


DESIRE DREAM - FELT Remix / itori 【 XXX 】 ZYOTOKINE
元の曲は「POP ICON」に収録。
以前逃したアルバムにこんな曲があるとは!と後悔させてくれた曲。
FELTさんのリミックスということで、違いは分からないのですが、
音のタメと、緩急がとてもうまく、魅力がある。
itoriさんの歌声の切なさというか、哀愁が美しい。
posted by koyu at 02:07| Comment(0) | 鑑賞(同人) | 更新情報をチェックする