2014年10月02日

小説を読みました。

目的のものを探しに書店めぐりしていたのですが、田舎まちには皆無だったというオチでした。
でも、有川浩さんの新刊がでているのを知ることができたので良しとします。

それで見つけたのが、長編の『明日の子供たち』

テーマは「児童養護施設」で、某ドラマの影響が強くあったように思う。
自衛隊ものでもそうですが、なるべく丁寧に取材したであろうというのが伝わる。
自分が知っている世界でないので確かとは言えないけど、そのように思う。

書き方が相変わらず同じで、好き嫌いが分かれそうなところだけど、
ほとんどの読者の視点と同じ主人公が、とある世界・業界に飛び込んで、
業界の実情・現実を知りつつ、素人・外部の視点でその世界を少しずつ変化させていく流れ。
「気付き」のシーンも以前の作品と同様にパターン化されていて、さすがに飽きもあった。

とはいえ、それ以上にやはりその世界の映し方は上手く、惹きつけられる。
気付き方のパターン化に辟易とした面もあるが主人公と視点が同じなので、パターンよりも新鮮さが大きい。

有川作品らしく甘めのストーリーもあり、これもそれぞれに賛否があるところだけど、
むしろこれほど単純なラブストーリーに落とし込んでくれることを評価したい。

人物の境遇や性質で、例えば施設出身だったり障害だったり、
そういうもので決定づけられるストーリーは余りに味気ない。

単純に男と女がそこにいて、ラブストーリーになるほうが美しく、面白い。
境遇や性質は、人物を補完する周辺情報で十分だと思う。


自分の好きな作品の一つが、『レインツリーの国』
「図書館戦争」にでてくる小説なのですが、難聴者をヒロインにしている。
その有川さんのあとがきに、

私が書きたかったのは『障害者の話』ではなく、『恋の話』です。
ただヒロインが聴覚のハンデを持っているだけの。
聴覚障害は本書(レインツリーの国)の恋人たちにとって歩み寄るべき意識の違いの一つであって、
それ以上でも以下でもない。
ヒロインは等身大の女の子であってほしい。


というように、障害をどうとか、本書の施設をどうとかいうことではなく、
今そこにいる人々の話であるというのがいい。
それらがラブストーリーになるのは、確かに一辺倒だが、中心に据えやすいテーマなので良いと思う。


書き方がパターン化しているので少し嫌気もあるかなぁとおもいますが、どうでしょう。
個人的には、話題の村上春樹さんは、パターン化で嫌になったほうです。



もう一冊は、タイトルと書店員さんの話ということだけで買ったけど読んでいなかった本。

はらだみずき 著『赤いカンナではじまる』

密林さんのレビューにもあったけど、大工のカンナと間違えて、
本・書店と何の関係が・・・と意味が分からなかった人です。

書店や出版社の関係者が登場人物の数本の物語が綴られている。
物語としては、美しめに描かれていて小説らしいなという印象。
綺麗な物語を読みたいと言う人にはいいと思うが、物足りないと思う人もいると思う。

評価したいのは、複数の登場人物が物語をまたいでいるが、
昨今の作品にありがちな複雑な関係性はなく、それぞれの物語として明確で読みやすい。



ふたつの作品につながりはないんだけれども、
「赤いカンナではじまる」で、登場人物が娘と植物の名前について話していると、、
自分は誰から花の名前を教えてもらっただろうかと、ふと考えるシーンがあった。

一方で、「明日の子供たち」では、花の名前を教えてくれるような身近な大人がいないという現実が、
彼らの今後に大きな壁となりそうだという話があった。

幼稚園の子供たちが保母さんと手をつないで植物の名前をあれこれ言いながら散歩しているのをみて、
どちらの小説の登場人物にも思いを巡らせた。

たまには小説を読んでいろいろ考えるのもいいなぁと思った話でした。
それでは。
posted by koyu at 00:52| Comment(0) | 読書 | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

潔く柔く

(原作公式 http://cookie.shueisha.co.jp/kiyoku-yawaku/ )
(映画公式 http://kiyoku-yawaku.com/ )
「潔く柔く」という少女漫画が映画化されるようで、
書店においてあるような第一巻の見本を読んで、なかなか良さそうだなと実際に読んでみました。

はじめに良さそうだなと思ったところは、以前挙げた「砂時計」「僕等がいた」と同様に、
主人公の成長、大人になった姿がみれそうだというところです。

しかし読んでみれば、オムニバス形式だったわけですね・・・(苦手です)
それぞれの登場人物が少しずつ人生に関わる形。

だから、限られた登場人物の人生に思いを重ねたいところなのですが、
オムニバスなので、ようやくのところで次の話に移ってしまい消化不良な感じがした。

確かに「いい話」なのだろうが、なんども高校生の気持ちに戻らねばならぬというのは、
もうおっさんの年の人間にはつらかった。というか高校時代でも無理だったと思う。

途中見る気がなくなって止めてしまったのですが、映画は最終章をメインにしたつくりらしい。
映画はたぶん見ないかなぁ。

「僕等がいた」も未だに映画は見てない。
あれだけのストーリーで、漫画の時間と同じように生きた身としては、
どう考えても、上下編という長編にしても無理なんじゃないかとしか思えない。

漫画の実写化は失敗すると言いますし、なかなか踏み込めないです。


ところで話題の漫画を変えて、「四月は君の嘘」
最新刊の7巻は冒頭のソロシーン、母親との回想でうるうるっときてました。
人物絵はそれほど好きではないですけど、それ以上に演奏シーンや話、演出方法はとても良いです。
次巻も楽しみな作品の一つです。


最後に、そろそろです、今月末にはM3ということです。

情報も少しずつ出てきてますが、全然、情報収集できてません。。。
カタログを入手できそうな機会があるかもしれないので、それを使って一気にやろうかなと思います。

日程みたら1週間前くらいになりそうです・・・遅すぎですかね。
これまで通り、twitterとサークルサイト巡回でなんとかします。
カタログからの検索は補助的・補充的な役割にします(トホホ。

それでは。
posted by koyu at 02:13| Comment(0) | 読書 | 更新情報をチェックする