2015年02月05日

冬コミ新譜感想(発熱巫女~ず、Tokyo Audio Waffle)

ようやく新譜が届きまして、それなりに聴いております!

そのなかでも、特にリピートな作品を取り上げたいと思います。

まず一つ目は・・・

Origin of Love / 発熱巫女~ず

良し悪しは別に、注目は一曲目の「 Guardian 」
聞いた瞬間に、あれ???どっかで・・・なんだっけ?という感覚が。

副題にちゃんと答えがありました。
「─Theme of TCIS─」 アメリカのドラマ、「NCIS」のエンディングソングです。

Toho Criminal Investigative Serviceってことは、東方犯罪捜査班・・・東方警察??


それはさておき、特筆すべきは、表題曲「Origin of Love」」
発熱ボーカリストのなかで、Chen-Uさんは好きってことなかったですけど、
この曲は本当に素晴らしかった。

「Origin of Love」は、Guardianで上がったテンションをそのままにアッパーなノリが心地いい!
ここ数作の発熱の曲の中では群を抜いた傑作。


舞花さんが歌う「Two of us」もよかったは良かったけど、
歌にやや平坦さがあって棒っぽく聞こえるところも。
ただ、中盤あたりのメロディラインはきれいだし、さすが聴きどころを作ってくれるなぁと感心。


お次は、
Bitter Sweet Shopping / Tokyo Audio Waffle

おなじみというべきか、ヴィレヴァンにも旧譜のあるTAWさんです。

「Cinnamon roll」・・・少し聞いてオシャレだな、かわいいなって思ったら買ってほしい1曲目。

「Creme de menthe feat.megsis」・・・曲も良いけど、歌詞を楽しみたい2曲目。

「Earl Grey」・・・ベース音が好みで、収録曲の中でも1、2を争う6局目。

「Profiterole feat.砂糖子」・・・
声が可愛すぎると思っても、これじゃなきゃダメになるくらい癖になるボーカル曲。

全体として、新乃ユキヒデさんの曲が、その都度、良い締めをしてくれる。
前述の「Earl Grey」、ほかに「Apfelstrudel」、最後8曲目の「Chocolate brownie」
どれも今作に欠けることのできない大事な曲。
特別これらを聴け!ということはないけど、これらがないとアルバムとしての価値、
ほかの曲の良さが減ってしまう気がする。
もちろん単体としても、どれも素晴らしいが相乗効果が薄まってしまう。


という感じです。
posted by koyu at 00:36| Comment(0) | 鑑賞(同人) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください