2014年09月13日

上半期おすすめ、その2

「その1」からだいぶ経ちましたが、『その2』です。
上半期のオリジナルおすすめ作品を挙げていきます。

といっても、M3から、これを聞いてほしいなと思ったものです。

すでに感想記事でオススメしているのもあります。
Growin' Melodies / Caprice Cafe

今、ハウスがあつい。
『 Honey Cheeks 』
『 colored:X 』


これら以外でオススメな作品!

まずはアルバム単位

桜色のきみへ / メトロガール
切なめポップス、童話のような歌詞が印象的な歌、ギターロックという趣の異なる3曲で構成。
第一作の「そらいろグラデーション」もとてもよく、今後が気になるサークル。


fragile garden / primary
yuikoさんのシングル作品。
落ち込んで、でも勇気づけられて、もう一回頑張ろうって、そういう気持ちになります。
もはや信者みたいなあれですが、本当にいい歌や。


LIFE IS LIKE A LIVE! / Kenichi Chiba
テクノですんなり全曲心地よく聴けるのは、Kenichi Chibaさんくらいかな。
おすすめは「gotta go」というボーカル曲。
ほどよくボーカル曲があるっていうのも高評価の要因。



手に入れるのは、このためでもいい!必聴曲! (曲/アルバム/サークル)

碧色海 / ワゴコロ / In The Room

和をテーマにした本アルバムのなかでも、
ボーカルの艶やかな歌声と、ゆったりとした演歌調の楽曲がマッチした特筆すべき一曲。

今M3が初出でない同サークルの『 L's Lounge 』は洒落たジャズミュージック主体のアルバム。
こちらも楽曲とボーカルが素晴らしい。
(これを視聴してから、ずっと気になってたのです)


SHINING WAVE / SHINING WAVE / 仲村芽衣子
表題曲らしい、芽衣子さんのすべてがぶつけられたように感じる良曲。
出だしのメロディの美しさもさることながら、
ボーカルの力強さと感情を引き出している点がオススメの理由。
芽衣子さんの曲のなかで5本の指に入ると思う。


月の魔女 / AD:PIANO2 / Diverse System
適当なクラシック作曲家の名前つけて未発表曲として出したら誰か食い付きそうな、
教科書的な感じをうける曲です。
それだけメロも綺麗だし、情景やテーマが伝わる曲だと思う。
なかなかこういう曲は聴けないので面白さも含めてオススメ。


Petals / AD:Electronic Dance 3 / Diverse System
上半期の、おそらく今年一番のインスト曲になると思う。
ループする音が耳から離れない。
特にインパクトや激しさというものはないのだけど、すんなり聴けるメロとループの中毒性が危ない。



気付いたら9月でした。
来月M3で、もう3カ月ちょっとで年末です・・・
posted by koyu at 00:35| Comment(0) | 鑑賞(同人) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください